キャバクラ 仕事

キャバクラで働く前に知って欲しいこと

キャバクラで働く前に知って欲しいこと

今や若い女の子の間で「将来なりたい職業」の上位にランクインされているキャバクラ嬢。
華やかな夜の世界で働く姿に憧れを抱く子も多いですし、何より他の仕事よりも収入が非常に高いことが人気のようです。
若い女の子が学校を出て働く場合の初任給の平均は、だいたい月収15~18万円程度ですが、キャバクラで働き出したその1ヵ月目から月収30万円以上稼ぐこともそう難しくありません。
また、資格も必要なく未経験でも月収100万円以上稼ぐことができるので、昼は別の仕事をして副業としてキャバクラで働く女の子も多くいたりします。
昼間は普通のOLや事務員、ショップ店員、エステティシャン、美容師のアシスタントなどをしながら、副業として週末のみ働く女の子でも、キャバクラだけの収入で1日5万円ほど稼いで、生活費に充てたり趣味や美容・ファッションにお金を使ったり、充実した生活ライフを送っています。
ちなみにとあるサイトで調査した結果、キャバ嬢の年収の平均は、384万円でした。
これはキャバクラ一本で働いている女の子以外にも、昼間は他の仕事をしている女の子の副業やお小遣い稼ぎにちょっとしたアルバイト間隔で働いている子も含まれており、またそういった子の人数が非常に多いので、そこまで高い平均年収にはなっていませんでした。
それでも昼職だけをしている同世代の若い女の子の平均年収から見ると、とっても高い平均年収だと言えます。

特に女の子は何かとお金がかかるものです。 男性とは違い人前にでるのに化粧をしたり美容に気をつけなくてはならない機会も多く、化粧品代から美容コスメ代、ネイル代、美容室代、洋服代…と、お金がかかってしまいます。
身だしなみに気を付けてオシャレをするにもお金がかかるので、常にお金の心配が頭をよぎっています。
そんな悩みを克服するために、そして生活のために副業として、セクキャバ 求人などでキャバクラ嬢として働く女の子が多いわけです。

実際、キャバクラと言っても高級キャバクラからお触りありのセクキャバ、スナック、パブ、ラウンジ、ガールズバーと風俗を抜かしたナイトビジネスには、様々な種類があります。
これら様々なナイトビジネスによって働く環境(職ごとのメリット・デメリット)も違いますし、お給料だって同じじゃありません。
日本全国の歓楽街でキャバクラなどの水商売に従事している女の子の数は、実に数十万人とも言われており、首都圏の若い女の子と限定するならば、50人に1人は、軽いバイトからちょっとした副業、またはレギュラー出勤で働いている・働いた経験があると言われています。

これほど多くの女の子がキャバクラ嬢に憧れ、実際に働いているキャバクラ嬢のお仕事ですが、テレビや雑誌で取り上げられている中で、「若い女の子が気軽に大金を稼ぐことができる」というイメージを持っている人も多いかと思います。
実際、わずか20歳という若い女の子でも年収で数千万円なんていう大金を稼いでる子もゴロゴロいる世界ではありますが、当然何の努力もせずにそんな大金を稼げるわけではないですし、みんながみんな稼げるとは限らない世界でもあります。

キャバ嬢で稼ぐということは、お客さんを自分のファンにして指名を貰わなければなりません。
そのためにはお客さんに自分をアピールする必要もありますし、気に入ってもらってお店に通ってもらう必要があります。
ただお店で待っているだけでは、お客さんはやって来ませんし指名もしてくれません。

キャバクラやガールズバーなどのナイトビジネスの求人サイトや求人雑誌などを見てみると、「楽してお金を稼げちゃいますよ!」なんて都合の良いことばかり書いているのも多いです。
もちろん、資格も経験も必要のない世界ですので、例えば看護師や調理師、美容師、エステティシャン、デザイナーなどの仕事いった、資格や技術的な経験が伴うような仕事に比べると、短期間で高額報酬を得られる仕事かもしれません。
ただ、やはり月収100万円以上も稼ぐような売れっ子のキャバ嬢になるには、どうやって指名を集めるか頭を使って考えて行動しなければなりません。

そこで、このホームページでは、セクキャバ 求人などでキャバクラ嬢としてデビューしたばかり、またはデビューする前の女の子たちに実際にキャバクラで働く前に知ってもらいたいリアルな現実をいくつか紹介しておきます。
実際に働いてみないとわからないようなキャバクラ嬢の仕事内容や、お客さんから指名を貰うためのいちょっとしたアドバイスなどなど、キャバクラで働く上で知っておいて損がない情報をまとめています。 キャバ嬢として成功してハッピーな毎日を送れるよう、あなたのキャバ嬢ライフの力になれますように…。